スキンケアで治らない肌荒れ……実は肩こりが原因かも?

スキンケアで治らない肌荒れ……実は肩こりが原因かも?

肩こりが酷い時、「なんだかお肌の調子や顔色が悪くなる……」と感じていませんか?
実は肩こりと肌には深い関係があるのです。
どうして肩こりが肌荒れにつながるのか、詳しい理由と対策方法をご紹介します!

肩こりが肌荒れにつながる理由

肩がこると首や肩の筋肉が緊張し、血液やリンパの流れが悪くなります。
すると、本来は血液やリンパによって肌へと流れるはずだった酸素や栄養が滞ることに。
その結果、肌のキメが乱れたり、顔色が悪くなったりするのです。

また、肩こりは自律神経を乱れを引きおこす恐れがあります。
それによって冷えや不眠、ホルモンバランスの崩れを招き、肌のハリやうるおいを低下させてしまうのです。

つまり肩こりが原因となっている肌荒れは、

スキンケアだけでは治しにくいということ!

慢性的な肩こりと肌荒れに悩んでいるなら、まずは肩こりを改善することから始めましょう。

肌荒れも防ぐ! 肩こり改善方法1:ストレッチ

肩こり解消には、肩甲骨をほぐすストレッチがおすすめです。
肩や胸の動きが良くなり、筋肉のこりをやわらげることができます。
仕事や家事の休憩中などに行うと、血行が良くなるとともにリフレッシュ効果も期待できますよ。

【肩甲骨をほぐすストレッチのやり方】
1.息を吸いながら肘を後ろに引いて、左右の肩甲骨をくっつけます。
背筋を伸ばし、胸を前に突き出すように開きましょう。

2.息を吐きながら腕を前に伸ばして、左右の肩甲骨を離します。
お腹を引っ込めて、背筋を丸めましょう。
両手の甲を合わせながら腕を伸ばすと効果的です。

※1と2を交互に5回ずつ繰り返します。

肌荒れも防ぐ! 肩こり改善方法2:お風呂

入浴は体の血行を促し、肩こり改善に効果的です。
ぬるめのお湯に肩までつかって、全身をゆっくりと温めましょう。
湯上がりに熱めのシャワーを肩に当てると、さらにこりをほぐすことができます。

ただし入浴後に肩や体が冷えると、肩こりが悪化してしまいます。
入浴後はすぐに水分をふきとり、温かい格好で過ごしましょう。
濡れた髪を早めに乾かすことも、肩の湯冷め防止になりますよ。

肌荒れも防ぐ! 肩こり改善方法3:ツボ押し

肩こり解消のツボを押すことで血行を促し、筋肉のハリをやわらげます。

・肩井(けんせい)
肩井は肩の付け根から肩先までの中央、左右の乳頭のちょうど真上の肩にあるツボです。
人差し指か中指を使い、体の中央に向かって押しましょう。

・天柱(てんちゅう)
天柱は首の後ろを通る、2本の大きな筋肉の外側にあるツボです。
髪の生え際にあるくぼみを、左右の親指で強めに刺激しましょう。

肌荒れや顔色の改善にも効果的なので、ツボの場所を覚えてこまめに刺激しましょう。

MARIANA OCEAN 公式オンラインショップはこちら

CTA-IMAGE MARIANAOCEANは、マリアナ諸島発のナチュラルソープブランドとして誕生。
1人でも多くのお客様を健康と幸せにできるお手伝いがしたい!

自然界の恵み成分が持つヒーリングパワーをギュっと閉じ込めたナチュラルソープは全50種類。お肌に優しい成分ですので、肌本来の美しさを引き出します。
オンラインショップでは、石鹸ギフトにオリジナルデザインと名入れを刻印できるサービスも行っています。
いつもと違うオシャレでかわいいギフトをお探しの方におすすめのアイテムが勢ぞろいです。

スキンケア・美容カテゴリの最新記事